Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー

<   2006年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Happy Halloween♪

今日は10月31日、ハロウィーンの日です。
こちらでは、お店や家などにカボチャをくりぬいて目、鼻、口をあけ、中に
キャンドルをともすJack-o'-lanternなどを飾ったり、おばけやコウモリなど
ちょっと怖い装飾をしたりする習慣があります。数週間まえからあちこちで
オレンジ色の大きなカボチャが売られていて、そんなに沢山どうするのだろう、
という位カボチャを買って行く人も。
昨日、受けた英語の授業でもカボチャのくりぬき方を教えてもらいました。
こんなカボチャがあちこちに!↓
d0085871_10192151.jpg

仮装してパーティを開く人も多く、テレビをつけたら子供のみならず「飼っている
犬や猫にはこのコスニュームを!」と特集を組んでオススメしていまいした。
ちなみに今朝ニュースをつけたら、いつも出ている出演者が仮装していて
一瞬誰だか分かりませんでした。。。皆かなりこのハロウィンを楽しんでいる
様子☆
週末にちょっと覗きにいったI-Centerのハロウィンパーティ。
仮装した子供達が楽しそうにカボチャをくりぬいていました!↓
d0085871_10311145.jpg


我が家はというと、ジャック・オ・ランタンは飾っていないのですが、
その代わりに?小さいカボチャを2個ベランダに飾っております。
夫はここ数日前から「なんだかご利益がありそうだ!」と朝出かける前に
このカボチャにパンパン!と、かしわ手を打って出かけて行きます!
ハロウィンが終わったらどうしよう?暫く置いておこうかしら?!
これがそのカボチャ達↓
d0085871_1027376.jpg


今日、Cookingクラスが終わり我が家に向かってキャンパス内を自転車で走って
いると、向こうから普通のカバンを持ったプリンセスが!
そして彼女を通り過ぎ、角を曲がろうと方向を変えると今度はバッハみたいな髪型の
貴族にバッタリ!しかも自転車こいでます。
さすがです、キャンパスの中にはこの日を楽しもうと仮装している人が
結構いるんですよね。
(バッハもプリンセスもあのまま授業に出るんでしょうか?)

来年こそは、ジャック・オ・ランタン作ってみようっと。ついでに仮装も?!
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-31 23:00 | 日常生活

Vegetarian Cooking:第2回目

American Cooking の翌日はVegetarian Cookingの日。
メニューは
・Minestrone Soup with Garlic Bread
・Ravioli Lasagna

皆で作ったのはこの2品(ガーリックブレットを入れて3品)ですが、
先生は他にも
・バナナとココナッツのプリン(正式名称は不明です。。)
・いちごとマンゴー、ピーチヨーグルトをミキサーで混ぜたドリンク
・コーンブレット
などを作ってきてくださいました!

ミネストローネスープ。これは確かに沢山野菜が入るし、私が求めていた
健康的なVegetarian料理です。久々に食べるから楽しみ!
セロリ、人参、トマト、ジャガイモ、コーン、ズッキーニ他沢山のウリ系の
野菜などどんどん刻んで、スープ(チキンやビーフベースではなく、
もちろんベジタブルストックを使っていました。)に入れていき、クツクツと
煮込んでいきます。

その間に、ラビオリを使ったラザニアに取りかかります。
今回はButternut Squash(私は今回初めて食べました)が間に入っている
ラビオリをゆでます。
リコッタチーズと卵、ナツメグ、ガーリックなどを混ぜたものを作っておき、
ラビオリ、それ、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、そしてトマトソース
などを順番に重ねていき、何層かにしていって最後にまたもやチーズを
ふりかけてオーブンへ。
(すごい、チーズの嵐だ!見ているだけで、お腹がいっぱいになってきた。。。)

ガーリックブレッドは、お店では食べますが、実際に作るところを今回初めて
見ました。フランスパンなどにオリーブオイルをかけて少々両面をトースト
したあとに、ガーリックを直接こすりつけるんですね!
ほぉ~、なるほど。

・左奥のピンク色の飲み物:先生が作ってきてくださったドリンク(隣は水)
・紙皿に乗ってるパン:上がコーンブレット、下がガーリックブレット
・ミネストローネスープ
d0085871_1433167.jpg

・ラザニアでございます(一人分ずつ取り分けた後)
d0085871_14411986.jpg

どれも美味しかったですよ~☆

ミネストローネを食べようと思ったら「これを加えるとさらに美味しいですよ」と
サワークリームが回ってきました。私は個人的にはミネストローネスープは
そのままのほうがさっぱり食べられて好き。
(加えたほうが美味しいのかなぁ??)

結局今回も残さずにどんどん持って帰ってください!という先生のお言葉通り、
大量に出来たラザニアとガーリックブレット、コーンブレッドを
お土産に持ち帰り、夫へ。
私はさすがにお腹がいっぱいで、夕飯はサラダをつまんで終了。

このクラスを受けて、私の中の「ベジタリアン料理」のイメージがすっかり
変わりました。何事も経験してみないと分からない、面白いです☆
来週も楽しみ!
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-27 23:06 | -お料理
最近シャドーボックスの話を載せていませんでしたね。
「もうすでに飽きたのかも?」と思っていた方、いえいえまだまだ
飽きてませんよぉ~♪
先日無事に第2作品目が完成しました。
d0085871_7271122.jpg

マグノリア(木蓮)の花です。
写真が少々ぼやけてますが、実際は結構きれいですよ☆
教えてくださっている先生が1ヶ月程日本に帰られるのでクラスは
暫くお休みですが、次の作品の絵柄を頂いてあるので先生のいない
間にせっせと切れるところまで切っておいて、出来れば年内にもう一つ
作品が出来れば良いなと思っています。
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-26 15:34 | -シャドーボックス
American Home Cooking の第2回目!
本日のメニューは
・Cheese Pie
・Guacamaole
(ワカモレ:アボカドを潰してトマトなどと混ぜて作り、トルティーアチップスなど
につけて食べる)
・Chili(豆を沢山入れれた煮込み料理)
メニューを見てお分かりの通り、デザートのチーズパイ以外の二つは
「メキシカン料理」でございま~す。
(色々な文化が混ざり合っているのが「アメリカ料理」ということかな??)

まずはデザートから作り始めました。
台となるpie crustは、すでに細かく砕いてある状態になって売っている
グラハムクラッカーに砂糖と溶かしバターを入れて混ぜ、それをパイ型に
入れて、伸ばして形を整える。

そしてクリームチーズと卵、砂糖、バニラ少々とレモン汁を混ぜ合わせ
台に流して焼き、20分程したらいったん取り出してサワークリームと砂糖、
バニラ少々を混ぜたものを上に広げてさらにもう少しオーブンで焼いて
出来上がり!!とっても簡単です。少し冷まして冷蔵庫へ。

次はチリ。
これまた本当に簡単。材料のほとんどが缶詰です。
5種類の豆の缶詰、エンチラーダソースの缶詰、トマトの缶詰
あとは玉ねぎとターキー(七面鳥)のひき肉。
(こちらの人って本当によくターキー食べるんですね。スーパーなどで
 鶏肉の横にはよくターキーの肉が並んでます。ちなみに私はあまり
 好きじゃないです。。。)

細かく刻んだ玉ねぎを油でよく炒め、そこに汁気をきった豆たちをどんどん入れて
いきます。ひたすら缶切りで缶を開けて、ドサー!結構楽しかったです。
そしてトマトとお肉、エンチラーダソースを入れ、塩コショウで味付けて
あとはひたすら煮込むだけ。お好みでチリパウダーを入れても良いそうです。

最後はワカモレソース
アボカドを切って潰し、その中にトマト、玉ねぎ、シラントロ(パクチー)を
刻んで入れ、レモン汁、あとは塩、コショウで味付け。
ちなみに今回先生は、Seasoned Salt(パプリカとか色んなものが
混ぜてある調味料)を入れてました。
あとは混ぜ混ぜして終了!

出来上がりはこんな感じ!
・チリ(手前)とワカモレ(奥の緑色のもの。トルティーアチップスと一緒に)
d0085871_0494984.jpg

・チーズパイ
d0085871_0542323.jpg


チリとワカモレを皆で食べた後、せっかくお天気も良いので
外に移動して、チーズパイは外で食べました!美味しかったぁ☆
結局、大量に出来上がったチリをお持ち帰り。夕飯にだそうっと。
が、納豆以外の豆があまり好きじゃない夫。。。
きっとあんまり嬉しくないかもな、と思っていたのですが、
夫の反応は「おぉ、これうまいじゃん!」あれれれ~??
「お豆嫌いじゃなかったっけ?」と尋ねると「豆による」んだそうです。。?!
初耳だ!結局夫はきれいに残さず食べたのでした。
何はともあれ、お豆は身体に良いので、これを機にたくさ~ん食卓に並べ
ちゃおうっと!ふっふっふ。
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-26 04:45 | -お料理
金曜日、なんと私、沢山の人たちの前で童謡を歌ってきちゃいました!
というのも、I-Centerで日本の音楽とお茶(茶道)を楽しんでいただくという
趣旨の”Japanese Music &Tea Ceremony Evening”というイベントが
あり、その音楽のほうに参加させてもらったのです。

当初は「へぇ、素敵な企画だな。時間があったら見に行ってみようかしら」
と思っていた程度だったのですが、お友達や主催されている方に
「良かったらやってみませんか?」とお誘いをいただき、参加することに。
私が練習に参加した時はすでに当日まで数日という感じだったので、ちゃんと
出来るかなぁ~とちょっとドキドキ。
参加者は、すでに顔見知りの方も数名いますが、今回初めてご一緒する方も。
お子さんのいらっしゃる方もいるので、お迎えの時間等様々な用事の合間を
縫っての練習となりました。
歌以外にもバイオリン、ピアノ、お琴を弾かれる方もいらっしゃいます。
ちなみに歌う曲は、「ふるさと」「赤とんぼ」「真っ赤な秋」「大きな古時計」
「もみじ」などなど親しみのある曲ばかり。
一人で歌うとはまた全然違って、みんなで歌うのってなんだか懐かしくて
結構楽しいものですよね。帰ってからも家事をしながら練習したり
しちゃいました♪

当日、スタート時間より2時間ほど前にI-Centerに到着。
会場のセッティングをしたり、見に来てくださるお客様へのお菓子や飲み物を
用意したりと準備もすべて自分達で。
参加者の中には、きっと毎日家事や育児でフル回転であろうのに、ケーキやアンパン、
炊き込みご飯など「皆で食べよう!」と差し入れを持ってきてくださる方々もいて、
それを美味しくいただきながら、準備は順調に進み、無事にセッティングは完了!
皆さん本当に心の細やかな優しい方たちだなぁ、と緊張も吹き飛んで温かい気持ちに
なりました。なんとかなる気がして来たぞ~!(お得意の楽観的発想です。。。)

イベントは3部構成。お向かいの会場では茶道のイベントが行われます。
そしてスタート時間の7時。予想以上の沢山の方が会場に来てくださいました。
よし!後は楽しむのみ。
日本語の分からない方も沢山みえるので、英語で曲の内容を説明したり
英語で歌うパートはその歌詞を壁に貼り、一緒に歌ってもらえるように
工夫もされています。
皆さんに拍手をいただき、無事1部終了!ホッ。
2部は時間の関係で多少歌を変更したりしましたが、無事終了。
そして、3部までの休憩時間。
「行きたいけど、観に行けないかもな。。。」と言っていた夫が見に来てくれる
ことになりました!

そしてついに締めくくりの3部がスタート。
夜のイベントなので、この時間になるとお客様も少し減ってくるので
顔をあげると夫がどこにいるのか一目瞭然!
わぁ~、照れくさ~い!!
普段家の中で作者不明(私?!)の謎の歌を口ずさんだり、気になるCMの歌を
歌ったりしているのを夫に聞かれるのはなんともないくせに、なんだか妙に照れくさく
なり、3部はほとんど顔をあげず、楽譜をにらんで(?)歌いきりました。
夫に後で話すと「やっぱり!写真撮ろうと思ってカメラかまえてても全然
顔あげないんだもん。」と笑われました。。。

歌い終わった時には、皆で「終わったね~!お疲れ様!」と握手したり、抱き合ったり
なんだかずっと前から知っている仲間のような連帯感が生まれていました。
片付けを済ませて、家に帰ってもしばらく頭の中を繊細で美しい日本の童謡が
流れていました。
参加して良かった!
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-22 23:50 | 日常生活
以前、ボランティアをされているSharonにとても親切にしてもらった
話(食器等をレンタルしてくれるクローゼットでお話したり、観光情報を沢山
くださったり)をしましたが、昨日彼女がお友達(日本人)と私2人をサンノゼ
のジャパンタウンに車で連れて行ってくれました。

私達の住んでいるところまで車で迎えにきてくれたのですが、たまたま
待ち合わせの時間と夫が大学に行く時間が重なったのでSharonに
彼を紹介することができました、良かった!

車に乗ると、はい!と何やらホッチキス止めしてあるプリントを手渡されました。
サンノゼ・ジャパンタウンの歴史や情報が載ったホームページをプリントアウトして
きてくださったのです。やぱりSharonは親切な人だ!
ジャパンタウンは現在、お店を継ぐ若い世代が不足し、店を閉めるあるいは他の国
出身の経営者に店を譲るというケースが増えつつある、とSharonは教えてくれました。
その他美容院の話、食べ物の話などなどお話していたら、あっという間に
目的地に到着!
さっそく車を停めて観光を開始。

仏教教会や和菓子屋さん、日本の小物や食器を扱っているお店、本当に
沢山のお店があり、とても楽しい。
和菓子屋さんのおかみさんは、とても可愛らしいおばあちゃん(日本人)で、
「一緒に写真を撮りましょう、どうぞ真ん中に」と言うと、「私なんか真ん中に
しなくていいわよぉ~、いや~恥ずかしい!」と照れくさそう。
今回は何も買うことなく終わってしまったので、今度は是非このお店で
和菓子を買いますね、おばあちゃん。
・仏教教会
d0085871_7222165.jpg

・和菓子屋さん(Shuei-Do Manju Shop)
d0085871_7231495.jpg


そしてランチタイムはハワイアン料理に決定!(日本食はいつも家で食べてる
だろうから、というSharonの提案により)
ランチメニューをそれぞれ頼んで、皆で分けたのですがこれまた量が多い!
メインディッシュの他にご飯とマカロニサラダがつくのでお腹いっぱい。
当然にように全部は食べきれずに断念。。。。
ちなみにこんな感じ
・ハワイアン料理(Hukilau)
d0085871_7324321.jpg


ご飯を食べ終わった私達は、Sharonの今日の目的でもある金色と銀色の小さな
折り紙を買いに行きました。娘さん(私と同じ年であることが判明)の結婚式に
使うそうで、これを使って沢山の折鶴を折るのだそうです。
大量に折り紙を買い、その後お花屋さんをのぞき、テクテクと歩いていると
「かき氷食べてみる?」とSharon、ハワイアンかき氷の店に入って
食べてみることにしました。
頼んでみると超特大!!ビックリしながら3人で食べだしたものの、結局最後まで
食べきることなく店を後にしました。
その後もう少し街を歩いて観光は終了!

これで本日のSharonとの時間はおしまいと思いきや、なんとこの後ご自宅に私達を
招待してくださったのです。
とっても素敵なお宅でした。お花を育てるのが好きだという彼女はお庭も見せて
くださり、お部屋に飾ってあるご主人と彼女のコレクションも説明してくれました。
彼女のご家族の写真もたくさん!
日系2世であるSharonが自分で作った、ご両親やご姉妹、3世、4世達の
写真を交えた家族のHistory Bookも見せてくださり、戦争のときの収容所の
話や小さい頃からの思い出など様々はことを教えてくれました。

会話が英語なので難しいと思う言葉や表現もありましたが、Sharonの話やジャパン
タウンの歴史に触れ、異国であるアメリカにやって来て、しかもその国と祖国が戦争状態
となり、それでもこのアメリカで頑張ってきた人達の強さや家族の絆、日本文化の繊細さ
や美しさなど本当に色々なことを感じ、考えさせられた一日でした。
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-20 23:50 | 日常生活
実はもう一つ別のお料理クラスにも申し込んでみた私。
American Home Cooking の翌日がその開講日でした。
その名も"Vegetarian Cooking and Easy Desserts"
皆さんご存知の通り、私はベジタリアンではありませんが
(American Cookingに申し込んでいる時点で確実に違いますよね。。)
どんな料理を作るのか興味があり、申し込んでみたのです。
(夕方6時過ぎに終わるクラスなので、作ったお料理を持ち帰り夕飯の
足しにできるかも?という思惑もあり!)

先生は、ベジタリアン用の料理をケータリングすることもお仕事にされて
いる方。この近くにお住まいで、どの店の野菜が新鮮かなど色々な情報
をご存知です。
生徒は全部で11名。

作った料理は。。。。
・Pasta Salad
・Vegetarian Pizza
・Apple Galette(アップルパイ)

後ほど写真で紹介しますが、ベジタリアン用といっても、チーズやオリーブオイル
などは普通に(大量に)使うので、今回の料理は想像していたよりかなりこってり、
しっかりお腹いっぱいになる感じ。

パスタサラダは、サラダとはいってもしっかりパスタが入るのでかなり
食べごたえがあります。
でも、人参やイタリアンパセリ、アーティチョークなどなど色々な野菜が入り
色がとてもきれいでした。

ピザはすでに生地に野菜が混ぜ込んであるものを使うので、想像していたより
とても短時間で出来ます。
このようなピザ生地が売っているとは知らなかったので今度探してみようっと!
先生もおっしゃっていましたが、毎回すべてをゼロから作るのではなく、時には
安心できる材料を扱っているお店で、あと少し手を加えれば出来るようになっている
商品を探して使ってみるのも、お料理の楽しみの一つかもしれませんね。

・パスタサラダ
(サラダって感じじゃないでしょ?ちなみに中央の白いのはチーズです。。。)
d0085871_1213425.jpg

・ピザ
(トマトの下の白いのは、もちろんこれまたチーズです。)
d0085871_1232621.jpg

・アップルパイ
(今回のものはパイ生地で覆ってしまわないタイプのアップルパイでした。)
d0085871_1235293.jpg


大量のサラダは11名でも食べきれず、持ち帰りたい人はどうぞ!ということ
だったので、持ってきたタッパーに入れて我が家へ。(アップルパイも)

ベジタリアンにもいろいろなタイプがあるようですが、少なくとも私が思っていた
料理とは全く違ったタイプのものが習えて、面白かったです。
また来週の水曜日が楽しみ!
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-20 10:34 | 習い事
先週、まさかの休講になったAmerican Home Cooking、ついに
昨日めでたく第1回目が行われました!

ちなみにメニューはこちらの3品
・Crummy Chicken
・Peanut Butter Cookies
・Caesar Salad        

まずは、クラミーチキンから作り始めました。
このメニューは簡単にいうとチキンに溶かしたバターをからめ、細かく砕いた
クラッカーをまぶしてオーブンで焼いたものです。
先生が、棒状のバターの塊をそのままフライパンに乗せ、溶かしだした
時は少々どよめきが起こりましたが、まあ、今日は先生を含めて9名分
作るのでこの位必要なのかな??ということにしておきましょう。。。

チキンをオーブンで焼いている間に今度はピーナッツバタークッキー作りに
とりかかります。
材料をみると、ピーナッツバター、普通のバター、ショートニング、ブラウンシュガー
砂糖などなど、間違いなくカロリーの高そうなものが勢揃い。
(このメニューも含め、お菓子作りをする時って「え??こんなに入れて
良いの?」心配になることありますよね。)
どんどん材料を混ぜたら、「お好みでチョコチップ、もしくはレーズンを入れても
良いですよ。」とあります。
ふとみると、大量のチョコチップが入った袋が作業台に。
どの位入れるのかなぁ~、と思っていると先生はその袋をむんずとつかみ、
ザザザー!ぜ、全部入れてる~?!
唖然としている私に、「じゃあ、あなたこれ混ぜてもらえるかしら」と先生から
その生地の入ったボールを渡された私。
ザクザクと混ぜていると「なんか生地に混ぜたっていうより、チョコチップの
中に生地がある感じだね」という声が。確かに!
(ちなみにこの言葉は一緒に参加した日本人の方の日本語の発言。
 先生には聞こえてませんよ!)
そして、後はその生地を小さくちぎってまとめ、フォークで平らにしたものを
作って並べて、オーブンで焼いておしまい。

最後のシーザーサラダは、レストランのメニューにもでてくる例のサラダです。

そして出来上がったメニューをいただいてみると、
チキンはあんなに簡単なのに想像していたより美味しかったです。
これと言って味付け、というものはしていないですが、無塩ではない普通の
バターを使っているから塩が適度に効いているみたい。

出来上がりはこんな感じです。
・Caesar Salad        
d0085871_1464091.jpg

・Crummy Chicken(サラダに隠れて見づらいかも。。)
d0085871_1465487.jpg

・Peanut Butter Cookies
(焼いたら、大きくなりつながってしまったのもありました。中央辺り?)
d0085871_147664.jpg


お昼から結構お腹いっぱい、クッキーは持ち帰り夫にも食べてもらいました。
先生も優しい感じの良い方だし、楽しかったです。
来週もアメリカ料理とは何たるか?をお勉強してきま~す。
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-18 22:20 | -お料理
総勢9名のLilyご一行様は、ランチを済ませた後、近くにある
”Krispy Kreme”というドーナツ屋さんに行きました!

このドーナツ屋さん日本にはないようですが、こちらではチェーン展開して
いる結構有名なドーナツ屋さんです。
夫は、大学の会議の時などに誰かが買ってきてくれたりして食べたことが
あるらしい。日本でいうミスタードーナツ位知名度あり、なのかな?

このお店、入るとガラス張りになっていて、
揚げたドーナツがベルトに乗って運ばれて、上から甘いシロップ?がかかり、
おばちゃんが箱づめするまでの工程がすべて見えます!
まさに社会科見学、楽しい!
特にエンジニアである私の夫は、こういった物が出来上がっていくプロセスを
見るのが大好き!
一通り皆で通路に沿って工程を見終わったと思ったら、タタタ~と小走りして
またスタート地点に戻り、揚がったドーナツがクルッと回転してベルトに
乗るところをとても楽しそうに熱心に見ていました。

結局、工程を見たらなんだか普段めったに食べないドーナツが食べたくなり、
全員ちょっとずつドーナツを購入!
Krispy Kremeさん、なかなか商売上手ですね~!

ということで、曇り空でちょっと寒かった日曜日ですが、Lilyのガイドでとっても
楽しい休日を過ごすことができました。
(ちなみに、朝急いでいてカメラを持っていくのを忘れたためこの日の画像は
ございません。あしからず。。。。)
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-16 22:18 | 日常生活

休日の過ごし方

クリスチャンであるお友達のLilyに以前から、
「良かったら日曜日にいつも私と夫が行っている教会に一緒に行ってみませんか?
アメリカの文化を知る良いきっかけになると思うよ。その帰りにお昼も一緒に☆」と
お誘いを受けていたのですが、なかなか、都合がつかずにいました。
が、昨日の日曜日ついにその約束が実現!

夫と私、Lilyのご主人の研究室のお友達とその家族も一緒に、教会に連れていって
もらいました。総勢9名!

教会へは、結婚式や観光でしか入ったことがないので、どんな感じなんだろうと
少々ドキドキ。
教会の前で待ち合わせようということになり、各自の車で教会へ。
行ってみると教会というより、大きなホールといった建物が!
Church Parking と書かれた服を着て、どんどんやってくる車を
誘導するおじさんまでいる。
中に入ると、、、、、
コンサート会場のように、広い場所にイスが沢山並べてあり、ステージには
マイクが。その向こうに大きな十字架。両サイドには大きなスクリーン。
???全く、想像していたのと違う!
会場にはどんどん人が入ってきます。
そして11時になった時、ステージに何人かの方が登場、音楽がなりだし
歌い出したのです。
スクリーンには歌詞らしきものが映し出され、一緒に歌う人、祈る人、踊る人
があちこちに。定期的に来ている人にとっては当たり前の光景なのでしょう。
皆とても楽しそうです。

このまま終わったらただのコンサートだよね??と心配していた私ですが、
その後、きちんと牧師さんのお話や、浸礼(ここはバプティスト教会。
水の中に身体を浸す方法で洗礼を行っているようです。)
などもありました。
牧師さんが話されている間、会場には、「神様、大事な家族、友達ありがとう!」といった
内容のことを何度も声に出して祈る人、お話に反応して「私もそう思います。」
と大きな声で牧師さんに伝えようとする人、涙を流しながら話を聞く人、
この空気に圧倒されて、キョロキョロとまわりの人の様子をうかがう私、など
本当に様々は人達がいました。

途中、牧師さんが「回りに座っている人と握手をして挨拶をしてみて
ください」と言われ、皆それぞれ近くの人と言葉を交わす時間がありました。
肌の色、目の色、髪の色、生まれた国、それぞれ異なる背景を持った人が
集まり、同じ環境の中で幸せに暮らして生きたいと頑張っている、そういう
環境で今生活しているんだな、ということを改めて感じる一つの良い機会に
なったように思いました。

私はクリスチャンではないので、このように休日を過ごすのは初めてでしたが、
Lilyとご主人は毎週、多い時は週に2回位この教会に足を運んでいるそうです。
持っていた聖書は本当に使い込んだ感じで、小さい頃からきっと何度も何度も
読み続けてきたのでしょうね。

この後、皆でランチをしてその後すぐ近くの噂の(?)ドーナツ屋さんにも
行ってみましたよ!その様子はこの後に。
[PR]
by peaceful-kuu | 2006-10-16 21:56 | 日常生活