Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:-ニューヨーク( 7 )

自由の女神とご対面♪

「よく寝た~!」と目を覚ますと「あれ?ちょっと寝坊?」
急いで準備を済ませ、昨日の夜に買っておいた朝食を部屋で食べて出発!
今日は、日本の旅行会社が企画しているマンハッタンの半日バスツアーに参加。
集合場所に行ってみると、日本人でいっぱい。ここがニューヨークであることを
忘れそうです。

ガイドさんの丁寧な案内により昨日歩いたブロードウェイをはじめ、タイムズスクエア
エンパイアステイトビル等々、ガイドブックに出てくる沢山の有名な場所を車窓から
楽しみながら、バスは南へ。
そして、自由の女神のあるリバティ島行きのフェリー乗り場があるバッテリーパークへ
無事に到着!
遠くに空に向かって右手を挙げて立っている自由の女神が見えます。
チケットを渡されてすぐにフェリーに乗れるかと思いきや、その前にセキュリティ
チェックを受けなくてはなりません。その後、数分待ってフェリーへ乗船。
船は様々な国からやって来た観光客でいっぱい!
そしてついに自由の女神とご対面!
d0085871_2203571.jpg

これでニューヨークに来た気分がさらに高まりました。
リバティ島を観光後、フェリーに乗ってバッテリーパークへ戻ると日射しも強くなって
来ているし結構暑い!

この後、バスでグランドゼロへ。現在は新しいビルを建てるための工事中。
ここであの痛ましいテロの被害があったのだと思うとなんとも言えない気持ちでした。
そして半日でツアーを終える私達はサウス・ストリートシーポートという海沿いにある
ショッピング&お食事が出来るエリアでバスを降り、昼食。
日本の小林選手(今年は負けちゃったみたいですね)が参加していることでも
有名な「ホットドックコンテスト」にホットドックを提供している”Nathan's”で
食べてみました♪
d0085871_222343.jpg

その後私達は、地下鉄に初乗車。地下だから当たり前かもしれないけど、薄暗い!
ちょっと怖いよ~と思って地下鉄に乗っていると若者が二人登場。
なんと車内で即興演奏会が始まりました!
d0085871_2241354.jpg

(ちょっと揺れてるときに撮ったので、見づらいかな??)
帽子を差し出しチップを受け取り次の車両へ。すごい!自由だ!
実はこの後、私達が行きたい駅には路線のメンテナンスの関係で今日は電車が
停まらないことが分かり、一番近い駅から、めざすアメリカ自然史博物館まで
セントラルパーク内を歩くはめに。。。「暑い~、もうだめだ~」と思った頃に到着!
d0085871_2345759.jpg

この博物館、去年のクリスマスにアメリカの映画館で初めて観た映画
"Night at the Museum"の舞台となった場所なのです。
「あ~、こんな感じだった!」と感激。館内は広すぎてすべてを観るには時間が足りない
ため、いくつか観たいコーナーだけを観ることに。
4階にある恐竜の化石コーナーはとても面白かったです!

博物館の出た頃にはだいぶ日射しが和らいでいました。
最初は怖いと思った地下鉄にもすっかり慣れ、帰りは路線をいくつか乗り換えて
ホテルのすぐ近くの駅に到着!
マンハッタンは地下鉄を乗りこなせば、どこへでも行けますね。便利、便利。

この日の夕食は、ホテル内にあるレストランで。
明日はカリフォルニアに向かって出発です。今回の旅を振り返りながら
食事をゆっくり楽しむことが出来て良かったです。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-23 10:55 | -ニューヨーク
ついにニューヨーク最終日となりました。
お昼1時過ぎには空港に向かって出発するので、荷作りを済ませて
朝食後はホテルから近い所を観光することにしました。
ホテルのある通り沿いをまっすぐ歩いていくと「セント・パーソロミュー教会」
そして3ブロックほど先に進むとアメリカで最大のカトリック教会である
「セント・パトリック大聖堂」があります。
天井が高く、とても素敵な内装です。
d0085871_13383945.jpg

大都会マンハッタンのど真ん中にあるこの教会。心を穏やかに出来る時間を求めて
毎日沢山の人たちが訪れるのでしょうね。

教会を出てまっすぐ進むとロックフェラーセンターが見えてきます。
ライオンキングを見た帰り道、夜に通りかかった時とはまた雰囲気が違い
沢山の人でいっぱいでした。
ここは大きなビルがいくつか一緒になっており、会社やレストラン、ブランドショップ等が
入っています。冬になるとスケートリンクが出来たり、大きなクリスマスツリーが
飾られることで有名で、よく映画の撮影の舞台にもなっているようです。
d0085871_14254529.jpg

ここにはアメリカ3大ネットワークの一つ、NBCも入っています。
実は、私達は毎朝NBCの”Today"というニュース(長寿番組らしいです)を見ている
のですが、そのスタジオもここにあるのです。

この”Today”、日本でいう「ズームイン朝」のように、スタジオが通りに面しており
見に来た人が手を振る姿が映ったり、キャスターが外に出てちょっとその人達に
インタビューしたりする形式なので、毎朝この周辺の風景がよく映るのです。
この日の朝もホテルで「すぐそこで撮影してるんだ」と感動しながらニュースを
見たばかりでした。

私達が通った頃には放送時間は終わっていたのですが、二人でそんな話をしながら
歩いていると、「あれ??あの女性はもしかして?」
なんと”Today”の女性キャスターで、私の好きなAnnが通りで誰かと話している!
スラッとしていて格好良く、そして黒い髪。今朝のニュースの時と同じグレーのスーツ。
間違いなく彼女です!
「もっと近くまで行ってみよう」と顔を見ると夫は、、、緊張のあまり固まっていました(笑)
結局、この後すぐAnnは建物中に入っていってしまいました。お忙しいんですね。
まさか本物をNBCの前で見られるとは、本当に嬉しかった。
ニューヨーク最後のお昼は、このロックフェラーセンター内のカフェで大都会で働く
人達に混じって食べました。

そしてついにJFK空港に向かって出発!ありがとう、ニューヨーク~♪
この後時間通りに搭乗したものの、飛行機内の音声機器のトラブルで音楽などが
一切聞けない上に、空港内の飛行機の渋滞(?)により長いこと離陸出来ず待ち疲れる
というトラブルはあったものの、無事にカリフォルニアの我が家へ到着。
盛り沢山の一週間。本当に楽しかったです♪

初めての東海岸。沢山の方達に案内していただき、私達2人だけで訪れたのでは
知ることの出来なかった東海岸を体験することが出来ました。
とても思い出深い旅行となりました。ありがとうございました。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-23 10:55 | -ニューヨーク

マンハッタンに到着!

東海岸滞在4日目。ついにIthacaを発つ日がやって来ました。
3人で車に乗り、Syracuse空港へ。
レンタカーを返し、お昼食べてから飛行機の出発時間までお喋り。

ちなみにこれが、ニューヨーク州の車のナンバープレート。
(私達が4日間お世話になったレンタカーのものを記念に撮りました)
d0085871_15291448.jpg

”New York"の文字の左側がナイアガラの滝。右側がマンハッタンの街並み。
そして7桁の番号のちょうど真ん中にあるマークはニューヨーク州の形
なんだそうです。面白いですよね~♪

あっという間に時間は過ぎて私達の搭乗時間がやって来ました。
Nさんはもう少し後の便でサンフランシスコに戻られるので、
ここからは夫と私の二人旅です。
約1時間後、JFK空港に着いた私達は、マンハッタンにあるいくつかの大きな
バスターミナルまで連れて行ってくれるシャトルバスに乗車。
そしてとった行動は。。。やはり熟睡。。。しかも二人揃って。
目を覚ましたのは降りるべきグランドセントラルターミナルに着く2分前でした。
高層ビルに囲まれた通りをまっすぐ歩き、無事にホテルに到着。
今朝までいたイサカと同じ州とは思えない別世界に来てしまった感じ。

荷物を下ろして、少し体を休めた後、私達はブロードウェイへ向かいました。
d0085871_16113228.jpg

この日はMinskoff Theatreという所で、ミュージカル「ライオン・キング」を
観ることになっていたのです。
チケットを受け取りに行くと、すでに長蛇の列。やはり大人気のようで
「今日のチケットは売り切れです!」という係の人の声にガッカリして帰って行く
人が沢山。前もってインターネットで予約しておいて良かった!
劇場近くのスタンドでサンドイッチ(美味しかった!)を食べてから会場へ。

そして感想は。。。歌、衣装、演技、すべてが素晴らしかったです!感動しました。
皆が一つになってこのミュージカルを作り上げている感じがとても素敵だったし、
なんだか伝わってくるものがあり、思わず泣きそうになってしまいました。
日本でも劇団四季が定期公演していますよね!いつか是非観てみたいです♪

劇中流れていた歌が頭の中にクルクルと流れ、楽しい気分で外に出ると
どんどん走っているタクシーがバンバン鳴らすクラクションやパトカーの
サイレン、沢山の人たちで賑わっているニューヨークの大都会が目の前に。
まさに「眠らない街」といった感じです。
d0085871_16164835.jpg

こちらはロックフェラーセンタービル。カッコイイですよね~。
明日は自由の女神を観るために、半日ツアーに参加する予定。
ぐっすり眠って明日に備えよう!と思っている間に夢の中。。。でした。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-23 00:10 | -ニューヨーク
3日目は、とても楽しみにしていたナイアガラの滝へ行く日♪
私達の泊まっているIthacaからは車で3時間弱で行けるのです。
行きはNさんが運転してくださり、朝8時ごろ出発。
冬の豪雪に備えてか車窓からみえる家の屋根は傾斜が急になっている。
面白いな、と思って眺めていたはずが気づいたらグッスリ。。。
実は横に座っていた夫も気持ち良さそうに熟睡。。。夫婦揃ってリラックスし過ぎです。

一度休憩をとって、車を走らせ11時頃にはナイアガラに到着!!
前にナイアガラに来たことのあるNさんのアドバイスにより、滝を正面から見るためには
カナダ側に渡ったほうが良いということで、私達は早速カナダに入国。
というのも、ナイアガラの滝はエリー湖とオンタリオ湖の間を流れるナイアガラ川に
かかる滝なのですが、ナイアガラ川の真ん中がちょうどアメリカとカナダの国境に
なっているのです。
ゴート島によって2つに分かれている滝の一つはアメリカ滝、もう一つがカナダ滝
(Horseshoe Fallsともいう)でちょうど滝の正面がカナダ側を向いてるため
アメリカ側にいたのでは、滝の横顔しか見えません。

前もって手続きに必要な書類は用意して来たし(アメリカに戻れなかったら大変!)
準備はバッチリ!徒歩で国境を越えるのが初めてだったのでとてもウキウキ♪
d0085871_10464564.jpg

無事に全員カナダに入国し、テクテク歩いて2つの滝を楽しみます。
こちらがアメリカ滝で
d0085871_1055382.jpg

こちらがカナダ滝です!
d0085871_10572493.jpg

近くで見るとどちらもすごい迫力!
お昼を食べて、滝を上から見られる展望タワーにも登ってみました。
これが上から見たカナダ滝。Horseshoeとは蹄鉄の意味です。
こうして形をみると、なぜこの名前がついたのかよく分かりますよね。
d0085871_1162932.jpg

この後、私達は無事にアメリカ側に戻り、滝をさらに間近で見るために
Maid of the Mist(霧の乙女号)という遊覧船にも乗りました。
とにかくすごい水しぶきなので皆青いレインコートを渡されて、それを着て乗船。
d0085871_11183776.jpg

ジーパンの裾をめくったり、サンダルに着替えたりしたもの大迫力の滝には
勝てるはずもなく、足元はびっしょり!
濡れたついでにと、滝の真横に行けるルートを歩いてみたのですが、こちらもまた
すごい!台風中継のレポーターの気持ちが分かった気がしました。
その後もゴート島に渡れるバスに乗ったりして色々な方向から滝を満喫。
やはり自然はすごい!来ることが出来て本当に良かったです。
帰りは夫が運転して、宿まで戻りました。
翌日Ithacaを発つ予定の私達。色々と親切にしてくださったMさんとは
ここでお別れです。本当にお世話になりました!
さぁ~、明日はいよいよマンハッタンに向かって出発だ。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-21 19:30 | -ニューヨーク

Ithacaの町を探検!

飛行機で眠れなかった分もグッスリ眠り、体調バッチリの2日目。
本日、夫はCornellの皆さんと待ちに待ったディスカッションの日。
自分の研究内容をまとめた資料を持って、迎えに来てくださったMさんの車で
Nさんと共に大学へおでかけ!
d0085871_52428100.jpg

私はというと、さすがに一緒にディスカッションに参加するわけにはいかないので、
Mさんに教えていただいた宿から近くCornell大学の皆さんがよく利用する
というショッピングモールで、「Ithacaの日常を研究」することにしました!

そして気づいたことは。。。。
 私の今いるカリフォルニアと違って、
  ・歩いていてもアジア系の方達にほとんど会わない。
  ・あちこちで見かけるSafeway,Longs Drugs等のスーパー、ドラッグストアが
   存在せず、違うお店が勢力を伸ばしている。
  ・冬には豪雪地帯となるこの土地のショッピングモールは、冬でも安心して
   歩けるように屋根がすべてつながっている。
   洋服屋さん等はカリフォルニアでみるのと同じブランドのものが入っていました。
   (うちの近くのモールはそれぞれの店が独立して立っていて、空を見ながら歩ける)
  ・並んでいる野菜は、カリフォルニアのもののほうがより新鮮そう?
   (これはあくまで私の主観です。。。日照時間の違いかも?)

暫く歩いているとお腹が空き、モール内のフードコートでピザを食べ、
スーパーで何か買って地元民気分を味わいたい!とウロウロして
結局ミネラルウォーターを2本買って宿に戻りました。

結構歩いたので宿でのんびりしてると、とても有意義なディスカッションを
終え嬉しそうな夫から連絡が。
その後、Mさんが近くの湖周辺を案内してくださいました。
Ithacaの町はフィンガーレイクの一つである”Cayuga Lake”という大きな湖の
南側にあります。
湖の周りには沢山のワイナリーと滝があり、私達はその中の
”Sheldrake Point Winery"と”Taughannock Falls”という所に連れて
行っていただきました。
湖のキレイな景色を楽しめるワイナリーでテイスティングをしてから、滝へ!
(夫は3種類ほど試してました。どれも美味しかったみたい!)
d0085871_5265911.jpg

まっすぐ流れ落ちる姿が綺麗でした。冬に見たらまた違った景色なんでしょうね。
高さは215フィート(約66m)あるそうです。

美しい自然がいっぱいのIthacaを満喫して気分もリフレッシュ!
とても良い一日を過ごすことができました。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-20 13:40 | -ニューヨーク

Cornell Lab of Ornitholgy

空港から車をどんどん走らせ、Cornell大学のあるIthaca(イサカ)に到着。
そして宿に向かう前に私達は”Cornell Lab of Ornithology”へ。
ここはCornell大学の鳥に関する研究施設。
(”Ornithology”とは鳥類学という意味。今回初めて知った単語)

建物の周りが野鳥の観察が楽しめるトレイルになっていたり、建物内に沢山の
展示がされていて博物館のようになっており、夏休みということもあって
沢山のちびっ子達が遊びに来ていました。
d0085871_91295.jpg

実は、Nさんと夫の所属する研究室の仲間の妹さんがここで働いていて、
今回Cornellを訪ねることを話したら、施設の中を案内してくれるというのです!
登場したAnnettaはとても真面目で感じの良い女性、お姉さんと雰囲気が
よく似ている!
展示物を色々説明してくれるのだと思っていたら、なんと普通は入ることの
出来ない研究室の中まで案内してくれました。
しかも彼女が一緒に働いている上司?も一緒に。
この施設では、鳥の生態に関する様々なデータを学術的なことだけでなく
CDやぬいぐるみ製作などにも活用しているようです。
名前こそ鳥類学研究所ですが、現在では鳥の他にも海の動物達や爬虫類に
至るまでその研究の幅を広げている様子。

内部の説明を受けた後、せっかくなので双眼鏡を持って外のトレイルを歩いて
みることにしました。
d0085871_916326.jpg

「長い空の旅で疲れてない?」と常に私達を気づかってくれる優しいAnnettaの
案内で、様々は鳥の声を聞いたり、双眼鏡で覗いて鳥の姿を追ったり
最後は雨に降られて4人ともずぶ濡れになっちゃいましたが、鳥博士気分?が
味わえてとっても楽しかったです♪

見学終了後、雨も降っているし、バスもあまりないようなのでせめてものお礼にと
Annettaを学内の自宅まで車で送ることにしました。
彼女の案内を受けながら学内の景色を楽しんでいると、なんと私達の車が
パトカーに止められた!!
運転していた夫は
「うわぁ、まさか東海岸で切符きられるのか。。。しかもレンタカーで」
とショックを受けていましたが、結局こちらの道に不慣れな西海岸から来た
ご一行だったこともあってか(カリフォルニア州の免許の効果??)
注意だけで終わり、一安心。良かった~♪

Annettaとバイバイした後、私達は宿に向かい、夕食は今回の旅でお世話になる
Cornellで研究をされているNさんの同僚Mさんに韓国料理屋さんに連れて行って
いただきました。
初日から盛りだくさんの一日。布団に入ったら二人とも即深~い眠りへ。
明日からが楽しみだ!
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-19 17:20 | -ニューヨーク
皆さん、お元気でしょうか?
一週間の旅行を経て無事に我が家へ帰ってきました!
大量の洗濯物も片付きつつあり落ち着いてきたので、ブログの更新を
したいと思います。

私達が今回行ってきたのはニューヨーク州。
夫と同じ研究室に日本の企業から客員研究員としていらしているNさんの
会社の方が、ニューヨーク州のイサカというところにあるCornell大学で
研究をされており、その研究室の方達とディスカッションをする機会を作って
くださったのです。
Cornell大学の研究室の中も案内してくださるとのこと。夫は大喜び。
「奥様も一緒に行かれますよね?」というNさんのありがたいお言葉により、
私も便乗させていただくことになりました。
せっかくなのでニューヨーク観光もしたい!ということで今回の旅行が
実現したのです。

出発したのは、イチロー選手がオールスターゲームでMVPを獲得した日です。
(飛行機の待ち時間に空港のテレビでそのことを知って感動!
録画しておけば良かった。。。。)
Nさんの車で空港へ向かい、3人で夜10時台の飛行機を待ちます。
サンフランシスコからフィラデルフィアへ。
そしてそこから乗り換えてイサカ空港へ、というスケジュール。
初めて乗った夜行便、眠ったような眠ってないような、なんともすっきりしない
飛行時間を経てフィラデルフィアに着くと、なんとイサカ行きはキャンセルに!!

えぇ~?!どうしよう?
結局シラキュースというCornell大学まで1時間ちょっとのイサカより大きな
町にある空港へ行く飛行機に空きがあり、めでたく到着♪
(イサカ行きはプロペラ機だったみたいなので、結局このほうが良かったかも)
いや~、長かった!空港を出た途端、ムワッと湿気のこもった暑さを
感じ、「わぁ、日本の夏みたい。カリフォルニアと違う」と実感。
眠くてちょっぴり疲れ気味の私とは対照的に、夫の元気なこと!
すごいエネルギーだ!
ここからレンタカーを借りてCornell大学のあるイサカに向かいました。
つづく♪
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-07-19 09:50 | -ニューヨーク