Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:-グランドキャニオン&LV( 5 )

昨晩、部屋に戻ったのが遅かったので、ぐっすり眠り、空港への
シャトルが来るまでにブランチでも、とホテルの中を探索。
せっかくだから行ってみようかと思っていたバッフェのお店の前には、
”New Year Eve Special!12時から”という文字が。
そうか、今日は大晦日なんですね。一年って早いな~。
結局、イタリア料理屋さんに入り寛いで、シャトルの待つ出口へ。

が、来ない!
道路の事情もあるので、約束の時間前後10分を考えてお待ちください、と言われて
いたのでその通り待っていたのに。。。要は20分も待っている。
ちょっと外は風もあり、肌寒い。
夫が電話をすると、すぐに違う車が来ますとのこと。
どうやら、約束の車も早めに来た様なのですが、パーッと見渡して次のホテルに
行ってしまった模様。

無事にマッカラン空港に着いて、チェックインを済ませ、後はひたすら出発時間を
待つのみ。コーヒーとアイス♪で時間を潰し、ついに出発!
年末だからか滑走路自体が渋滞(?)していて、色んな飛行機が10台位つらなって
ゆっく~り、飛び立つのを待っていました。

1時間半でサンフランシスコに到着。帰って来た~!
何年か前は、まさか旅行に出て、サンフランシスコ空港に着いて「帰って来た」
いう感情が湧くようになるとは想像もしていませんでした、人生とは分からぬものです。
そして、車で数十分、無事に我が家に到着。ただいま~!
荷物を下ろし、お茶を飲み、超シンプルな具のお蕎麦を食べて年越しの気分を
味わいました。

自然が創り出した雄大な渓谷と砂漠の真ん中に人間が作ったキラキラの街。
今回は対照的な2つの場所を楽しむことが出来て、とても印象に残る旅に
なりました。楽しかった~♪
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-01-06 12:08 | -グランドキャニオン&LV
ついにグランドキャニオンを出発する日がやってきました。
今日はとっても良いお天気!
朝食を食べた後、テクテク歩いてブライト・エンジェルへお散歩。
夕景とはまた違う色の渓谷を楽しむことが出来ました。
このトレイルはミュール(ラバ:メスの馬とオスのロバの混合種)に乗って、谷底まで
行けるツアーでも使われる場所。ちょうど、これからツアーに参加される方が集まって
説明を聞いているところでした。
色んな楽しみ方があるんだなぁ~!また違う季節に来てみたいです。

グランドキャニオン空港で出発を待っていると、初日に私達をガイドしてくれた
Steveが忙しそうにお仕事してました。
暫くすると、「グランドキャニオン楽しめた?」と声をかけてくれたのです。
「君達が着いた日は、本当にひどい天気だったけど、今日は快晴だから
飛行機から綺麗な景色が見られると思うよ!」
わぁ~い、楽しみ♪
d0085871_7192854.jpg

Steveが言っていた通り、飛行機からは本当に美しい景色を満喫することが
できました。私達は一番前の席、運転席もよく見えて、「仕組み」好きの夫は
操縦席と周辺の機械に興味津々。
心配の揺れも全くなく、完璧な飛行。
低空飛行になり、「まさか、墜落?」と思ったら、「まもなく着陸いたします」
だそうで、危ないことはまったくありませんでした。
d0085871_7135370.jpg

空港からホテルまでは、シーニックの車が送ってくれるので迷うことなく再び
ラスベガスへ。
お昼を食べて、部屋でちょっぴり休んで観光するつもりが二人とも疲れていた
らしく、気づくと3時間弱ぐっすりお昼寝しておりました。
でも、今日は待ちに待った、シルク・ド・ソレイユのオーを観る日♪
夜10時半からのショーを予約したので、眠っておいて良かったかも。

辺りが暗くなってくると各ホテルが通りから見えるところで様々な催しをしてくれます。
音楽に合わせた噴水ショー、火山(もちろん偽物ですが)が噴火したり、ほんと
この街は、何時になっても観光客でいっぱいの街ですねぇ~。
d0085871_781267.jpg

そして肝心の"オー”は、良かった~♪
ラスベガスにドド~ンとそびえた建つ高級ホテル”ベラッジオ”の中の劇場で行われる
のですが、席は満席。皆、お洒落して来てましたよ~!
日本でも”サルティンバンコ”とか"キダム”とかのショーで有名な、シルク・ド・ソレイユ
ですが、人間って色んなことできちゃうのね~!とアクロバティックな技がどんどん
出てきて、感心しちゃいました。
水がテーマなだけあって、このショー、すごい量の水を使っているはず。
シンクロナイズドスイミングの部分には、日本のメダリストも出演してるんですね。
なんというか、不思議な世界に迷い込んだという感じで、大満喫でした♪
ラスベガスでは、シルク・ド・ソレイユのショーが他にも4つ行われているみたい。
いつの日か、また観て見たいな。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-01-05 14:27 | -グランドキャニオン&LV
この日は、朝からサンライズツアーに参加。
空を見上げると雲がいっぱい!無理かもな~。
停まっているロッジの前に白い大きなバスが停まっているのを確認して、乗り込む。
昨日一緒に飛行機に乗ってきた日本人女性Aさんも登場!
「おはようございま~す」と爽やか♪
すると、ドアが閉まり、バスが出発!3人だけでした。

素晴らしい眺望で有名なマーサーポイント(Mather Point)に連れて行って
もらったのですが、やっぱり雲に隠れて日の出は見られず、残念!
でも、良いんです!昨日は上空からこの赤茶けた渓谷を見ることが出来なかった
私達3人は、「やっとグランドキャニオンに来たって感じ!」と感動。
今は、雪もちらついて風もあるけど、天気予報は晴れの模様。
もう少し、日が出てからここに戻ってこようと嬉しい気持ちでロッジに帰りました。

そして10時頃。予報通り、青空が出始めました。
すでにグランドキャニオンに来たことのあるお友達ご夫婦から「寒いよ~、
防寒対策しっかりしていたほうが良いよ!」とアドバイスをいただいていたので、
外に出る時は、完全防備の私達。
夫は、ジーンズの下に「デューク更家風(?)のライン入り、ぴったり下着を着用。
(一見、グレーでスケート選手のようですが、効果は”モモヒキ”と同じ!です。。。)
よし、行くぞ~!観光だ。

グランドキャニオン公園内は、ビューポイント、ロッジなどを回る無料のシャトルバスが
走っています。せっかくなのでトレイルを歩こうかとも思ったのですが、
積もった雪が凍結しかけている所もあり危ないので、今回はバスで回ることにしました。

先ほど行った、Mather Pointに行ってみると雪の残った綺麗な渓谷を楽しもうと
沢山の人が集まっていました。
d0085871_5331594.jpg

この後もYaki (ヤキ)Point、昼食後にYavapai(ヤバパイ)Pointなどの
ビューポイントを巡り、自然の雄大さに感動。
グランドキャニオンのビューポイントの名前は、初代国立公園局長や周辺種族の名前
からつけられています。それぞれ響きが特徴的ですよね!

本当はこの日、公園内のビューポイントを巡る(お弁当付)ツアーに参加予定だったの
ですが、何やら時間が押してすごく駆け足で回らなくてはいけない時間にスタート
することになってしまったため、キャンセルしました。
ツアーを待っている間、飛行機でも一緒だった日本人女性Aさんとも沢山お話でき、
楽しかったです。彼女は現在New York在住。グランドキャニオンに来る前は
ロッククライマーのお友達と合流し、キャンプをしていたそうで、今日もまだ雪が凍って
危ないところもあったはずなのに、せっかくだからとトレイルを歩いてきたそうです。
とっても前向きで、自立した女性という感じで素敵!もっと時間があったらお友達になり
たかったな。

夕方近く、ツアーで回るはずだったブライト・エンジェル トレイルをほんの少しだけ
降りてみました。
展望台から渓谷を見下げるだけとは違って、ここの景色は広がりがあって
とても綺麗でした。
d0085871_538796.jpg

日の入り後も刻々と変わっていく空の色と渓谷、そしてまだ残っている雪の白の
中にいると自然ってすごいなぁ~と感動!

明日の午前中にはここを発たなくてはなりません。
すっかりブライト・エンジェルの景色が気に入った私達。朝もきっと綺麗に違いない!
出発前にまた来てみることにしました!明日も良いお天気だと良いな♪
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-01-05 12:55 | -グランドキャニオン&LV
ついに今日はグランドキャニオンに行く日。
ぐっすり眠って目を覚まし、外の景色を見てみるとすごい風!部屋にいても
なんだか風の音を感じます。

朝食を食べた後、昨日カジノで当たったのは夫がラッキーだったのか
あの台が出やすいのか検証しようと、ほんの少額昨日の台で実験!
結果は。。。やっぱり昨日はついていたんだね!
部屋に戻ると、電話がなった。今日グランドキャニオンに連れて行ってくれる
シーニック航空からで、出発時刻を2時間ほど遅らすことになったとのこと。
それまで、街をフラフラ観光して時間を潰すことになりました。

出発前に軽く昼食でもと、夫がホテルの売店でパンを買ってきてくれました。
売店のお姉さんに「こんなに風が強いことってよくあるの?」と質問したそうですが、
答えは「Never!」
うわぁ~、飛行機飛ぶのかな??心配になってきた。
約束の時間にシーニックの車が迎えに来てくれ、他のホテルでもお客様を
拾い、車はチェックインと体重測定をする場所へ。
(小さめの飛行機なので、荷物と乗客の総重量を知る必要があるのです)

私達のように宿泊する人たちの他にも、遊覧するだけの人もいるらしく
結構な人数。いろんな国の人たちがいます。
並んでいると私達の番になり、係のお姉さんが話し出すと、何やら険しい表情。
お姉さんと話している夫の後ろに立っている私に聞こえてくる英語は
・悪天候・雪も降っている・他に降り立った飛行機はいない・あなた達はラッキー
(その後にMaybeという言葉つき)
何~??これだけ聞いただけでも決して爽やかな展開ではなさそうだ。
で、夫に確認したところによると、
「今日はとっても悪天候で、しかも乱気流が予想されます。雪も積もっており、
この状況になってからグランドキャニオン空港に降りたった飛行機はまだありませんが、
今日、私達の飛行機1機だけは、なんとか、グランドキャニオンへお連れすることが
できそうです。ラッキーでしたね。この状況をご理解ください」
とのこと。

それまでは、「空の上で昨日みたいにお腹痛くなったらどうしよう!」などと小さなことを
気にしていた私ですが、シーニックの飛行機が待っているボルダー空港までの車の中
では、
「落ちるかも!まぁ、世界遺産の上で死ぬならそれでも良いか。 ちょっと早いけど、
良い人生だった」とか、なんだかすごい決意までしてまい、すっかり腹痛の心配など
忘れていたのでした。

空港に着いたらすぐ出発と思いきや、、、、
大きな身体のファミリーが、これまた大きな自分達の荷物を一緒に飛行機に
乗せたいとごね始めたのです。
悪天候も手伝い、オフィスの人達も大変そう。結局、彼らのわがままのために
飛行機を1台増発しなくてはならなくなったようで、私達が飛行機に乗れた頃には
もうすぐ日が暮れるという時間になっていました。
d0085871_8303025.jpg

案内の音声(日本語が選べます)が流れるヘッドフォンをつけ、飛行機はどんどん
上昇!と同時に、揺れてる~!こんな状態が1時間も続いたら、怖いよぉ~。
と思っていたら、それはつかの間。
機体は安定し、ミード湖、フーバーダムの上空をどんどん飛んでいきます。
空の上から綺麗な夕景が見られました。
d0085871_8263082.jpg

すると、一度だけ乱気流の影響らしく、機体がシューンっと下がり、ビックリ!
その後は着陸まで安定した飛行でしたが、副操縦士は何度も後ろを振り返り、
「気分は大丈夫か?」と気にしてくれました。
グランドキャニオンに着く頃には外はすっかり暗くなり、赤茶けた山々を見ることは
出来ませんでしたが、その代わりに、積もった雪の白と、山の色とが交互に重なって
なんだか水墨画のような景色を見ることができました!なんとも幻想的な感じ♪

無事に到着すると、グランドキャニオン空港は停電しているらしく、一緒に乗ってきた
案内役?のSteveが懐中電灯で足元を照らして私達を誘導、バンに乗せて
宿まで連れて行ってくれました。明日のサンライズツアーの時間、部屋の鍵が
ちゃんと開くか、などなど色々なことを心配してくれる優しいSteveとバイバイして
やっと夕食。ふ~、お腹すいた~、生きてるって素晴らしい♪
とっても素敵なお部屋に戻ってからは、疲れもあって二人ともぐっすり!
何はともあれ、無事に着いて良かった~♪
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-01-04 16:00 | -グランドキャニオン&LV
年末、12月27日から31日まで夫と旅行にでかけました。
行き先は、ラスベガスとグランドキャニオン!
こちらに来る前から、ずっと行ってみたかった世界遺産・グランドキャニオン。
シルク・ド・ソレイユのショー"O(オー)”もラスベガスで観ることに!
どんな旅だったかというと。。。。

第1日目
ついにこの日がやって来た!朝8時半頃発の飛行機に乗る予定なので、
今日はとっても早起き。前夜、外はすごい雨風だったのでちょっと心配で
テレビをつけると、停電になったところもあったとか。
夫が作った「これ持ったか?リスト」で、忘れ物がないか再度確認。
外は真っ暗だけど、出発だ~!と車に乗って、サンフランシスコ空港へ。

チェックインを無事済ませてゲートに行ってみると、やはり風の影響か
予定より1時間程遅れて出発とのこと。
結局、早いルートを使って飛んだらしく、予定とほぼ変わらない時間に
ラスベガスに到着~!
飛行機が着陸するあたりから、見えましたよ~!赤茶けた山々を背に
ピラミッドやスフィンクス、何やらゴチャッとした街並みが!
空港からは、メインストリートであるストリップ沿いにあるホテルに連れて行って
くれる便利なシャトルに乗りました。
色々なホテルを回るのでなんだか楽しい。

私達も無事、今日の宿に到着!裏の入り口に停めてくれたので、フロントまでは
カジノを突っ切らないと行けません。
おおぉ~、コレが噂の(?)カジノってやつですか!
まだお昼過ぎなのに皆夢中で遊んでます。

お腹が空いた私達は、お昼を食べようと部屋に荷物を置いて観光に出かけました。
私達の泊まったホテルは、隣2つのホテルと無料のトラム(モノレールみたいなもの)で
繋がっているのでそれに乗ってみることに。
d0085871_144733.jpg

お昼を食べて、いざ観光!と思ったら、なんだかお腹がいたいよ~。
もしかして、原因はさっき食べたボリューム満点過ぎのサンドイッチかも。。。
え~ん、ショック。。ちょっとへこみ気味な私。
結局、外は風も強いし、今日は早起きだったからちょっと休憩して、そのホテル内にある
”Shark Reef”という水族館に行こう!ということになりました。
d0085871_1461182.jpg

サメの他にも、色々な魚達が見られて楽しかったです♪

外に出るとすっかり日が暮れていました。ずっと室内にいたので風が気持ちいい!
ふと見上げると、ピラミッドからレーザービームが出ている!
この通りをずっと歩くと自由の女神も、エッフェル塔も凱旋門もあるんですから
ラスベガスってほんと、笑っちゃう街ですよね。

夕飯は軽めに済ませて、せっかく来たのでやはりカジノやってみる?ということに。
ご存知の通り、もともとギャンブラー精神に乏しい私達。
まぁ、人生経験ということで、スロットマシーンに挑戦!
まずは私がやってみたのですが、何事も起こらず終了。。。
そして隣の台で今度は夫が挑戦。すると。。。??
ピロリロリーン♪っとマシンがなにやら騒ぎ出した!どうやら当たってしまったらしい!
驚いて、どれだけ増えたかチケットに換えてみることに。
超少額しか賭けていなかったのですが、結構な倍率で増えている!!すごいぞ。
それを見て、満面の笑みで、笑いの止まらない夫が言った言葉は。。
「よし!!止めよう、部屋帰るぞ!」(笑)、これを元手にドンドン増やしちゃうぞ~!と
ならないところが、なんとも夫らしい。
部屋に帰ってそのチケットを手に記念撮影!

明日はいよいよ、グランドキャニオンに向けて出発なので、今日はこの嬉しい気持ちの
まま眠りましょう!おやすみなさ~い。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-01-03 21:10 | -グランドキャニオン&LV