Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

無事帰国しました。学位取得試験詳細です!

カリフォルニアから無事に帰国して早一週間ちょっとが経ちました。
日本に戻るとなんだかあっという間に時が過ぎ、ブログの更新が疎かに。。。
失礼致しました!
ということで、留学生活の集大成、学位取得試験の詳細でございます。
d0085871_1341213.jpg

(友人撮影の写真です)
夫の学位取得のための口頭試験は、5月4日に行われました。
試験のスケジュールは。。。
12:30~まずは軽食と飲み物でリラックス&参加者と懇談
13:00~Open Session:スライド等を使っての論文の口頭発表
その後Closed Session:夫と教授5名だけで質疑応答
そして夫は会場から出て、教授5名で審査。その後夫が呼ばれ結果が言い渡される
というものです。
ちなみにこの試験、”defense(ディフェンス)”と呼ばれています。
審査する先生方の「攻撃」から自分の論文と学位取得を「守る」という意味が
あるのだそうです。

大学や学科にもよるのかもしれませんが、なんとOpen Sessionには
研究室の仲間のみならず、家族や学外の友人でも、試験を受ける人が呼びたいと
思う方を招待できるのです!
「自分のこれまでの努力の結果を発表する姿を大切な人に見て欲しい」というのは
自然な気持ちですよね。
本当にオープンな感じがなんともカリフォルニアらしい!
ということで「もしご都合が合えば是非!」と夫と私のお世話になった共通の友人達に
声をかけたところ、ありがたいことに沢山の方達が来てくださることになりました。

5月4日は月曜日。追い込みの週末、買い物等の外出以外、夫はひたすら発表練習。
そして当日も朝食を食べたら、また練習!
その後、軽く昼食を食べて、留学中一度も袖を通さなかったスーツを着て、いざ出発!
(この状況下でちゃんとお腹が減る夫にちょっと感心)
来てくださる方への軽食や飲み物は自分達で用意します。
テーブルにベーグルや果物等の簡単なものと日本から持ってきた和菓子を並べます。
d0085871_13293737.jpg

(友人撮影の写真です)
その横に、前日に皆さんへの感謝をこめて千代紙で折った折鶴と兜を添えました。
この日は日本では5月5日、子供の日であることと、兜でしっかり「ディフェンス」ということで。

審査してくださる先生方、研究室の仲間、私たちの友人達。
沢山の方が続々と会場へ。
あたらめて皆さんにお礼が言えて良かったです。
お友達同士が古くからの知り合いでこの会場で久々の再会、なんて偶然もあったようです。
この日をきっかけにまた交流が続いたら嬉しいですね。

開始時間が近づき、夫は本番前にバナナを食べてエネルギー充填!
さあ、試験開始です。

最初に、所属する研究室の教授宛に夫が送った研究室への希望動機が書かれた
書類が読み上げられました。
こういう書類、ちゃんと残してくださってるんですね、ちょっとビックリ。
その後、発表開始!約一時間弱の発表中、夫は生きいきと緊張した様子もなかった
ように感じました。
発表は、教授をはじめ、この日を迎えるにあたり支えてくれた皆さんへの感謝の
言葉で締めくくられました。(最後に私の名前も!うふふ、ありがとう♪)

皆さんと少し歓談後、私たちは部屋から出されます。
そして夫は先生方とClosed Sessionへ!
会場のすぐ隣がコーヒーショップになっているので、私はそこで結果待ち。
ありがたいことにお友達が一緒に待っていてくれました。
彼女がいてくれたことがどんなに心強かったか。私一人じゃ、きっとオロオロするばかりです。
一時間弱、ドアが開くたび「終わったか?」と振り向きつつ、お喋り。
そしてついに夫が出てきました!
後は良い結果を祈るのみ、と三人で暫し待つと、、、
教授陣が続々と出てきた!!
そして「おめでとう!」「良かったね」と次々に握手をしてくれたのです!
「やったぁぁ~、受かったんだ!」と3人で大喜び♪
記念撮影後、そそくさと会場の後片付けを開始。
お友達はこの後片付けまで手伝ってくれました。なんて心が広いんだ、ありがとう!

その後、研究室に挨拶に行き、両親へ結果報告の電話を入れてからひとまず
部屋へ戻りました。
その日の夜は、Half Moon Bayへ車で行き、イタリアンでお祝い。
d0085871_13343133.jpg

「良かったぁ、でも本当に受かったのかな、俺」と言っていた夫でしたが、帰りの車の中では
「うれし~い!やったぁ」と雄たけび(?)をあげておりました(笑)
こういう大きな喜びって後からジワジワ、すごく嬉しくなっちゃうものなのかも。

結婚後、数ヶ月してから始まったこの留学生活。
嬉しい日を迎えることが出来たのは、本当に沢山の方達の支えや励ましがあったから。
沢山の温かい気持ちに支えられていたからこそ頑張れたように思います。
本当にありがとうございました。
この日の晴れやかな気持ちは、一生忘れないと思います!
あらら、気づけばかなりの長文。読んでくださってありがとうございました。
今日はひとまずこの辺りで。
[PR]
by peaceful-kuu | 2009-05-22 13:50 | 日常生活