Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Jake Shimabukuro

11月9日は私の母の誕生日でした。しかも還暦!おめでとう♪
60代を満喫してくださ~い(^^)/

さて、そんな11月9日、私達はサンフランシスコまでJake Shimabukuroの
ライブを観にいってきました。
ジェイク・シマブクロとは、ハワイ生まれのウクレレプレイヤー。
沢山の賞を受賞した映画「フラガール」の音楽を担当した、あの方です!
「フラガール」は、昨年の冬にAnzu会のAnnさん宅で夫も一緒に大勢で、
まるで家族で集まったようなあったかい雰囲気の中、涙をふきふき感動しながら
観た思い出の映画。あれから約一年、早いなぁ。

ウクレレ、実は私にとって幼い頃から我が家にあったなじみのある楽器なのです。
父が若かりし頃、会社の部活動(かな?)で音楽をやっていたそうで、
ウクレレ担当だったらしいのです。(私の記憶が確かなら)
私が子供の頃、時々休日などにポロロ~ンっとウクレレを弾きながら楽しそうに
歌っていた父が思い出されます。
日本に帰ったら、また歌ってもらおうかしら?!
ウクレレの優しくてカワイイ、ちょっぴり切ない、ま~るい音色。
私にとって、とても癒される音なのです。

お友達にこのライブのことを教えてもらってからすぐに申し込み、
この日が来るのをとても楽しみにしていました。
開演は夜。学業追い込みの夫も、日中せっせと頑張って、よし、出発!
ライブが行われたのはPalace of Fine Arts Theatre。
サンフランシスコを訪れる度に気になっていた、とても素敵な建物。
この中に入れるなんて嬉しいな。
d0085871_16233785.jpg

San Francisco Jazz Festivalの最終日を飾るこのライブ、
会場は超満員です。

いや~、Jakeさん、素晴らしかった!
Tシャツにジーパン、スニカーで現れた私達と同年代の彼が繰り広げるウクレレの
世界にすっかり魅了されてしまいました。
クラシックや、琴でよく演奏される「さくら、さくら」、果てはマイケル・ジャクソンの
「スリラー」までウクレレで弾いてしまうのです。
そしてさらに驚いたのは、弦を弾く早さ!二の腕が鍛えられそう(^^;
どうやらピックなどは使っていないようでした。手、痛いだろうなぁ。
Jakeさんのこのチャレンジ、ウクレレのもつ優しい音色を愛しているからこそ
できるんだろうな。
そのことがとても伝わってきてより楽しむことができました。

音楽の種類にもよりますが、コンサートなど外で音楽を楽しむ場面で、
ウトウト、スヤスヤっとしちゃいやすい我が夫ですが、今回は。。。。
バッチリ起きていました!「これはすごい、彼は何者だ」という眼差しを
Jakeさんに向けながら、とても真剣にそしてとても楽しそうに鑑賞。良かったね(^^)

ライブが終わった後、今回のことを教えてくれたお友達ご夫婦ともバッタリ
お会いしてすこしお喋り。
記念にとJakeさんのアルバムを購入し、家路へ。
d0085871_16255321.jpg

帰りの車内では、いかに彼の演奏が素晴らしかったかで盛り上がり、
「頑張る人の姿は、美しい!」という結論に。
私達、どうやら相当感動したようです(^^)
[PR]
by peaceful-kuu | 2008-11-10 23:30 | 日常生活