Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

読書の夏?

普段、沢山本を読むタイプではない(特に英語の本は挫折率高し。。。)の
私ですが、この夏は読書の波が来ております。
今読んでいるのは、お友達にいただいたミステリー小説。
内田康夫さんの本です。
実は、結構ミステリー好きの私。
2時間もののミステリードラマを、お茶を飲みのみ
「いかにも犯人そうな人は違うのよね!」などと言いながら見たりしてました。
自分が家の中にいる状況だからこそ安心して見られるんですよね。
実際に身近で何かが起きたらと考えたらゾッとしますが。。。

まだ仕事をしていた頃、毎日過ごしていれば人生色々とあるもので(?)、
自分の中でモヤモヤと納得のいかない気持ちを抱えたまま会社を
出たときなど、時々本屋さんに立ち寄っていました。

その本屋さんは割りと大きく、広いスペースに様々なカテゴリーに分けられた
本が並び、そこには様々な人達が本を手にしている姿。
今時の若者といった感じのお兄さんが哲学の難しい本とにらめっこしていたり、
会社の上司とほぼ同年代の男性が楽しそうに料理の本を眺めていたり、
資格試験の棚にある本を必死で読んでいる若い女性がいたり、
そういう時に立ち寄る本屋さんは、自分の中にある先入観を少し取り除いてくれ、
「みんな何かを知ろう、前に進もうとしているんだな」と思わせてくれる場所でした。
人間観察をしてなんだか気持ちが軽くなり、お腹が空いたことにふと気づき
何も買わずに帰るというパターンが多かったので、元気をもらった割には
その本屋さんにどれだけ貢献できていたかは少々疑問ですが。。。

何かを伝えたい人がいて、その気持ちのどこかに自分の心がふとひっかかった
人がその人の本を手にする。
そして、その人の書いた文章で想像力がかきたてられ、本を手にする前とは
少し違った自分になれる。
文字の持つパワーってすごいですよね。
[PR]
by peaceful-kuu | 2008-08-25 20:00 | 日常生活