Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コンタクトレンズ獲得への道?!

日本で作ってきたコンタクトレンズの在庫が残りわずかになった
ので、新しいものを購入することになりました。

目薬をさしたりもしているけれど、強い日差しも手伝ってなんとなく視力が
落ちた気がするし作りに行かなくちゃ、と思いつつもちょっぴり躊躇。
「昔は視力が良かったのに~!」(仕事を始めてから視力が低下)という
つまらないプライドが手伝って、日本にいる時から眼科で視力検査を
するのがあまり好きじゃない。(全く子供みたいですね。。。)
しかも英語だし、難しい単語使われたら分かるかな??なんて
緊張していた私でしたが、夫に「大丈夫、行っておいで!」と励まされ、
意を決して夫が前にコンタクトレンズを作ったところへ行ってみると
只今セールをしている関係で予約がすぐ取れないことが判明。

しかし、一旦スイッチが入った私は
「このまま帰るものか~」と違うコンタクト屋さんへ。
無事にその日のうちに予約を入れることができ、診察へ。
日本の視力検査の表って、CやEの字が色々な向きになっていて
空いている方向を「右、左・・・」って答えていきますよね。
こちらは、アルファベットと数字が並んでいます。
先生がとても丁寧に調べてくださった結果、やはり視力が少々落ちている
ようで度数を変えたほうが良いらしい。

これで、コンタクトを買って終了と思いきや、
「残念だけど、今日はコンタクトレンズだせないわ。目が赤くなっているでしょ。
ちょっと目薬さして様子みてからにしましょう。」と先生。
やっぱり!実は痛みはないけど少々赤いな、と思っていたのです。
「インフラメーションって分かる?」と先生、「えぇ??インフォメーションですか?」
すると先生は「これ中国語なんだけど」となにやら単語を書いてくれた。
さすが、漢字ってすごい!日本で使われている文字と少し違うけど想像がつく。
辞書を持っていたので確認するとinflammationとは「炎症」の意味。
先生も辞書を覗き込み、画面に出ている英語と日本語を見て、
「そうそう、これこれ!」。
初めて耳にする単語!帰宅後、夫に「inflammationって知ってる??」とご報告。

結局私の目に起きているinflammationを落ち着かせるべく、約2週間ほど
目薬を差し、途中何度か診察してもらい、先日無事にコンタクトレンズを
手にしました♪♪
炎症がなければあっさり終わるはずでしたが、お陰で病院での先生との
会話も勉強になり良かったのかも。
”inflammation”この単語は一生忘れないぞ!
注:インフォメーションにあらず(笑)
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-08-26 01:26 | 日常生活