Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

涙と笑いの卒業式

昨日は夫の大学の卒業式(学位授与式)でした。
学内にはガウンと帽子(卒業式用の衣装)を着た学生達が
あちこちに。

夫にとって今年の卒業式は特別な意味があります。
2年前こちらで勉強を始めた時から、授業を一緒にとり、どんな時も一緒に
励ましあって頑張ってきた仲間がほぼ2年間のコースを終えて卒業するのです。
年齢(彼より5~6歳かもっと若い!)や出身国こそ皆違いますが、出会う前のこと、
今感じていること、そして将来のこと、沢山の想いを素直に話して分かり合ってきた
彼らは、夫にとってとても大切なお友達。
研究も含めさらに長くこちらで勉強する予定の夫にとって、彼らがキャンパスから
去ることはどんなに切ないことでしょう。
私も、皆と一緒に出かけたり、家で何度も集まったり、彼らとの想い出は数えきれません。
なんだか友達というより可愛い弟や妹のような感じ!
海を越えて、彼らに出会えた私達は幸せ者です。
始めは卒業式が終わったら家に寄ってもらえば良いかな~?なんて
思っていたのですが「やはり最後までしっかりお祝いしよう!」と
出席することにしました。

私達が出たのは、学科が行う式。
いつも彼らが勉強している校舎のすぐそばに会場が設置されています。(外です!)
夫の学科は生徒数が少ないので、参加者がどこにいるかよく分かる!
教授が名前や出身地、時にはエピソードも紹介しつつ一人ずつ学位授与が
行われます。とても心のこもった温かい式でした。
やはり来て良かった!
d0085871_441830.jpg

その後、他の学科の式に参加しているお友達に会うため、皆でぞろぞろ移動。
直接お祝いが言えて嬉しいな!写真も沢山撮りました。
3時すぎ、そろそろ家に帰ることにしました。
彼らにそれを伝えると空気はお別れモードに。
いつも明るく優しいムードメーカー、タイから来た女の子Mimee、
金曜日に会った時も「どうやってまた皆と会えば良いの~」とウルウルしていたので
彼女が泣いたら私も絶対泣いちゃうと思っていたのですが、
予感的中!二人でポロポロ泣いてしまいました。
彼女は火曜日にタイに帰ります。家がすぐ近くなので出発前にまた会うことに
なりました。

帰り道。夫の背中はやはり淋しそう。
私より何十倍も淋しいはず!心の中で沢山泣いているんでしょう。
でも、式に参加して改めて頑張る気持ちが湧いてきたそうです。
アメリカでは学位授与式をCommencementといいます。
”始まり、スタート”の意味です。
今回卒業する仲間達にとって、そして夫と私にとってこの日がまた新しい
スタートの日。来年の今日、この日を幸せな気持ちで想い返せるように
頑張るぞ~♪
〔スーパーマン?〕
d0085871_4353115.jpg

ちなみにこの方、偉い教授です。
私はこの方がいつサングラスをとるのかと思っていたのですが、
結局このまま学位授与続行!カリフォルニアだからね~。。。
なんかガウンとサングラスが妙にマッチして空でも飛びそうな感じ。
式の最中、その姿を想像して笑いそうでした。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-06-18 12:45 | 日常生活