Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日本語のテストお手伝い

大学で日本語を教えている先生から、日本語クラスのテストの
お手伝いをしませんか?とのお話をいただき、昨日行ってきました!

私がお手伝いしたのは、
「敬語を使って話をリードする。相手は、初めて会った日本人」という口頭試験。
そして私がその「初めて会った日本人」役だったわけです。
生徒さんがいくつか質問した後、私が1~2つ簡単な質問をして
試験は終わり!という感じ。
11時からの1時間の間に4人の方と話します。
持ち時間は一人10分位。時間を割り振ってあるので、
生徒さんが教室に入ると、先生と私と本人だけの世界が広がっている。
私が試験を受ける立場だったら相当緊張するはず!!頑張って~!

スタート時間の前に、教室近くのメモリアルチャーチで待ち合わせ。
お忙しいはずなのに、建物を先生が案内してくださり、お茶を飲みながら
お喋り。本当に話しやすく、楽しい方です。ちょっぴり緊張していた私も
すっかりリラックス。さぁ~、そろそろ時間かな?

いや~、感動しました!
やはり皆緊張しているらしく、顔を真っ赤にしたり、時々言葉につまりながらも
一生懸命習ったことを思い出しながら、丁寧に話そうとしていることが
すごく伝わってくるんです。しかも敬語を使わなくてはいけないんですもの、
これは大変なことですよね~。(試験だし。。。)
私も英語を話すときは、生徒さんと同じ立場です。母国語じゃない言語で
初めての人と話すときは、仲良くなりたいし沢山話したいけど緊張するし
ちゃんと伝わるかなぁ、とドキドキする。
「すごく気持ち分かるよ~!」と皆と握手したい気持ちでした。

「日本の食べ物で好きなものはありますか?」という私の質問に
嬉しそうに「はい!私はメロンパンと親子丼が好きです。」と答えた生徒さんが
いたり、近々信州や京都に日本語の勉強に行くという方がいたり、
まだ20代前半の若い人たちが、自分が生まれ育った日本に興味を持って
「もっと知りたい」と思ってくれていることがとても嬉しく感じました。

ずっと教えてきた生徒さん達が一生懸命話している姿を見守っていた
先生は試験中きっと心配だったことでしょう。
試験が終わってから、お昼を一緒に食べながら色々お話をしたのですが、
先生の表情や言葉から生徒さんへの温かい愛情が伝わってきて、
「この人に教わる生徒さんはきっと日本を好きになってくれる!」と思いました。

1時間ほどのお手伝いでしたが、「私も頑張るぞ!」という気持ちを
あらためて感じたとても良い経験になりました。
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-06-07 10:30 | 日常生活