Californiaでの生活は新しい発見がいっぱいです!


by peaceful-kuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Let's play squash!

金曜日のこと。夫の研究室の仲間と一緒にスカッシュのコートへ
行って来ました。
場所は、以前にブログでもお話したジムがある学内のスポーツ施設。
ロッククライミングや最近サルサも始めたというスポーツが得意な
スコットランド出身のBeinnが皆に声をかけてくれ、夫は数週間前に
彼らと一緒にスカッシュに挑戦、今回で2度目です。
その際、嬉しいことに皆「なんで奥さん連れて来ないの~?一緒に
くれば良いのに」と言ってくれたそうで、今度お誘いがあったら
行ってみようと思っていたのです。

が、ご存知の通り、情けないことに私は腰を痛めて回復したばかり。
「スポーツするぞ~!」という格好の皆さんが楽しそうにボールを打っている
横で、ふつ~うの格好で見学してました。
皆さん、壁に向かって真剣です、ほらね!
d0085871_10365544.jpg

ちなみにラケットは、テニスのより当たる面が小さくて、コンパクトな作り。
ボールは、卓球のボール位の大きさ。ゴムで出来ているので
壁に当てて温まり熱を持つようになると弾むんだそうです。
ほほぉ~、なるほど。
などと感心していると、Beinnが「はい、次、君の番だよ!」とラケットを
持ってきた!「ダメダメ、私腰痛めてるから、今度ね」
すると「どんな感じかだけ試してみたら?無理しなければ平気だよ」
さすが、Beinn。確かにおとなしく見学しているというよりは、座って
写真撮ったり、辺りをうろうろ探検してみたり、コートの外に出てきた
ボールをホイホイと取りに行ったり、「腰、治ってるんじゃない?」という
行動を繰り返す私を見て、きっとこの人少しなら平気だろうと思ったのでしょう。

結局、Beinnの婚約者の靴を少しの間お借りして、ほんの数分どんな感じか
教えてもらいました。
いやはや、打ち方からしてテニスと違うし、二人でやってるのに目の前は壁だし、
腰を気にしつつソロソロ打たなきゃいけないし、スカッシュって楽しいけど
難しい!というのが感想です。
「頑張って~!もっと強く打たなきゃ~」という夫と、同じ研究室の日本人の方の
笑い声交じりの声援を受けつつ、私のスカッシュデビューは5分で終了。
19世紀半ばイギリスで考案されたというこのスポーツ、なかなか奥が深そうです。

ちなみに夫は、前回スカッシュの楽しさを知り、この日も青いサッカーの
ユニフォームを着て休む間もなく色んな人と対戦し、
「うわぁ~!ぎゃ~!」と奇声(?)をあげつつ、コートの中を走り回り、
空いた時間に一人で壁打ち練習までしてとっても楽しんでおりました♪
[PR]
by peaceful-kuu | 2007-02-25 17:38 | 日常生活